© ここん All rights reserved.

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。
誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。

彼の作品は今も読み継がれるのみならず、幾度となく映画や舞台で上演され、私達を惹きつけて止みません。谷崎潤一郎没後五十年となる今年、これまでのような映画や演劇ではなく、谷崎が愛した美しい音曲と舞踊から彼の豊かな作品世界を堪能する-そんな嬉しい公演が開かれることになりました。

東京・日本橋に生まれ、関西へと移り住んだ谷崎。彼の作品に描かれた音曲を、第一部は東京の長唄・清元に始まり、第二部の関西の地歌へとめぐっていく。舞台には現代の邦楽界を支える実力派が勢ぞろい!能楽師 梅若紀彰氏の朗読とともに、その美しい音に浸ることができるとは何と幸せな時間でしょうか。

中でも個人的に私が惹かれるのは第二部。大阪の地歌筝曲家・菊原琴治氏から三味線を学んでいた谷崎は地歌をこよなく愛好し、はんなりと艶のある上方の文化は作品にも深く影響を与えています。

今回、その地歌『茶音頭』や『雪』にご出演の菊原光治、菊原精峰、菊萌文子の三氏は、菊原琴治の娘で人間国宝の菊原初子氏の元で学んだ実力派。そして『残月』にご出演の人間国宝 富山清琴氏もまた、谷崎と親しく交流し谷崎の墓前に『残月』を捧げた初代清琴氏を父に持つ奏者です。谷崎ゆかりの名手が奏でる音曲と、上方舞の舞踊家 山村光氏の気品のある美しい舞とともに、谷崎の文学を味わう。文学も音曲も舞も、それはもう匂い立つような美しさだろうと、ちらしを見ながらついうっとりしてしまいます。

~文章からは読み取れない、紙背に広がり行間にあふれる奥深い音色をご堪能ください~
(公演ちらしより)

文学ファンも伝統芸能ファンも是非!
この冬、特に心惹かれる公演です。


朗読と演奏で綴る
谷崎潤一郎 没後五十年 文豪の聴いた音曲

2015年12月19日(土)午後2時開演
会場:国立劇場 小劇場

★予約開始=10月11日(日)午前10時から!

詳細はこちら→国立劇場
http://www.ntj.jac.go.jp/schedule/kokuritsu_s/2015/12137.html?lan=j

151209tanizaki01151209tanizaki02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

決戦前夜

ご紹介しようかどうしようか、ギリギリまで迷った公演。 第九回 日経能楽鑑賞会「 融 ( とおる ) 」 。 同じ番組を2日間異なる演者で上演…

1つでも気になる要素があれば観て欲しい『日本舞踊×オーケストラ Vol.2』

日本舞踊と西洋音楽との共演は、かなり以前から「創作舞踊」として実験的に行われてきました。 そんな取り組みに対しては<ジャンルが違えば人が違…

仕事を捨てよ、劇場へ行こう!

みなさま、「逃すまじ公演」の到来です。 以前ここんでもご紹介した日本舞踊家5人のユニット、ゴ・ヨ・ウ・カ・イ、五耀會。 今…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

国宝浄瑠璃ア・ラ・カルト

いらっしゃいませ、ご注文は? え、おすすめですか? そうですね、10月の国立劇場(小)でしたら、こちらの「人間国宝浄瑠璃盛り合わせ」がおす…

上方がそんなら、江戸はこうだよ! 六花街集結!

本日、上方舞の公演情報をご紹介しましたが、 喧嘩を売るように(笑)、江戸のおどりをご覧いただける公演をご紹介! 江戸っ子は気が短けぇんでい…

6月のピックアップ公演

平成最後の夏は伝統芸能とともに! というわけで、今月のオススメ公演は夏むけのラインナップでお届けします。 また、引き続き皆様からの公演情報…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

ページ上部へ戻る