© ここん All rights reserved.

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。
誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。

彼の作品は今も読み継がれるのみならず、幾度となく映画や舞台で上演され、私達を惹きつけて止みません。谷崎潤一郎没後五十年となる今年、これまでのような映画や演劇ではなく、谷崎が愛した美しい音曲と舞踊から彼の豊かな作品世界を堪能する-そんな嬉しい公演が開かれることになりました。

東京・日本橋に生まれ、関西へと移り住んだ谷崎。彼の作品に描かれた音曲を、第一部は東京の長唄・清元に始まり、第二部の関西の地歌へとめぐっていく。舞台には現代の邦楽界を支える実力派が勢ぞろい!能楽師 梅若紀彰氏の朗読とともに、その美しい音に浸ることができるとは何と幸せな時間でしょうか。

中でも個人的に私が惹かれるのは第二部。大阪の地歌筝曲家・菊原琴治氏から三味線を学んでいた谷崎は地歌をこよなく愛好し、はんなりと艶のある上方の文化は作品にも深く影響を与えています。

今回、その地歌『茶音頭』や『雪』にご出演の菊原光治、菊原精峰、菊萌文子の三氏は、菊原琴治の娘で人間国宝の菊原初子氏の元で学んだ実力派。そして『残月』にご出演の人間国宝 富山清琴氏もまた、谷崎と親しく交流し谷崎の墓前に『残月』を捧げた初代清琴氏を父に持つ奏者です。谷崎ゆかりの名手が奏でる音曲と、上方舞の舞踊家 山村光氏の気品のある美しい舞とともに、谷崎の文学を味わう。文学も音曲も舞も、それはもう匂い立つような美しさだろうと、ちらしを見ながらついうっとりしてしまいます。

~文章からは読み取れない、紙背に広がり行間にあふれる奥深い音色をご堪能ください~
(公演ちらしより)

文学ファンも伝統芸能ファンも是非!
この冬、特に心惹かれる公演です。


朗読と演奏で綴る
谷崎潤一郎 没後五十年 文豪の聴いた音曲

2015年12月19日(土)午後2時開演
会場:国立劇場 小劇場

★予約開始=10月11日(日)午前10時から!

詳細はこちら→国立劇場
http://www.ntj.jac.go.jp/schedule/kokuritsu_s/2015/12137.html?lan=j

151209tanizaki01151209tanizaki02

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

仕事を捨てよ、劇場へ行こう!

みなさま、「逃すまじ公演」の到来です。 以前ここんでもご紹介した日本舞踊家5人のユニット、ゴ・ヨ・ウ・カ・イ、五耀會。 今…

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

上方がそんなら、江戸はこうだよ! 六花街集結!

本日、上方舞の公演情報をご紹介しましたが、 喧嘩を売るように(笑)、江戸のおどりをご覧いただける公演をご紹介! 江戸っ子は気が短けぇんでい…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

8月のピックアップ公演

8月。舞台公演も夏休みといった感じですが、秋のシーズンに向けて、いくつかご紹介します。そして、舞台がお休みならストリートへ行こう!芸能を核と…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

ページ上部へ戻る