© ここん All rights reserved.

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます。

『三茶三味 〜三味線音楽を聴く〜 鶴澤清治×杉本博司』

は、『杉本文楽 曾根崎心中 心中付り観音廻り』で、文楽の斬新な演出を行い大きな話題を呼んだ現代美術作家の杉本博司さんと、演奏のみならず、作曲や新作構成を通じて文楽(浄瑠璃)の新たな可能性を広げ続ける人形浄瑠璃文楽座 三味線の鶴澤清治さん(人間国宝)が再び手を組み、今度は三味線音楽を「聴く」ことにこだわった公演です。

会場の空間構成は杉本博司さんによるもの。杉本文楽でも舞台上を彩る本物の数々に大いに魅了されましたが、今回は劇場を茶室と見立て、杉本博司作「月下紅白梅図」長谷川等伯作「四季柳図屏風」などの美術作品が舞台を彩り、三味線音楽を引き立てます。

また、この公演は三部構成となっており、第一部では、異色の組み合わせによる、各界の著名人の鼎談が行われます。お気に入りのあの人の話を聴きに行くのも良し、興味を誘われるあの人の話を聴きに行くのも良し。日程ごとに異なる顔合わせですので、全日程に足を運んでも楽しめるのでは。

10月23日(金)
山村友五郎(日本舞踊・山村流六世宗家)× いとうせいこう(作家・クリエーター)× 野川美穂子(邦楽研究家)

10月24日(土)
尾上菊之丞(日本舞踊・尾上流四代家元)× 桜井秀俊(ミュージシャン・真心ブラザーズ)× 野川美穂子(邦楽研究家)

10月25日(日)
杉本博司(現代美術作家)× 橋本麻里(ライター・編集者)× 野川美穂子(邦楽研究家)

第二部では、鶴澤清治さんが構成する「三味線組曲」の演奏を楽しみ、第三部では、義太夫節の「卅三間堂棟由来(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)」(通称「柳」)を素浄瑠璃で楽しみます。「三味線組曲」は、義太夫節の表現の一つである「メリヤス」(三味線のみで演奏)の旋律を組み合わせた義太夫節の新作器楽曲で、太棹三味線の厚みのある音色が楽しめる一曲となりそうです。「卅三間堂棟由来」は、宝暦10年に大阪・豊竹座で初演された「祇園女御九重錦」の三段目切に基づいており、人間の妻となった柳の精のお柳、夫の平太郎、息子のみどり丸の3人を主要人物として、夫婦と親子の突然の別れを描く名作中の名作を、太夫と三味線のみの素浄瑠璃で演奏します。

多様な演出で楽しみながらもじっくりと義太夫三味線による音楽を味わうことの出来る公演です。

チケット発売中。公演に関する詳細はこちらから。

【公演情報】

[日程] 2015/10/23(金) 〜 2015/10/25(日)
[会場] 世田谷パブリックシアター
[空間構成] 杉本博司(現代美術作家)
[監修] 野川美穂子(邦楽研究家)
[出演]※鼎談は本文中に記載
 鶴澤清治(人形浄瑠璃文楽座 三味線)、鶴澤清志郎(人形浄瑠璃文楽座 三味線)、鶴澤清馗(人形浄瑠璃文楽座 三味線)、鶴澤寛太郎(人形浄瑠璃文楽座 三味線)、豊竹呂勢大夫(人形浄瑠璃文楽座 太夫)

sanchasyami_Part1 sanchasyami_Part2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

決戦前夜

ご紹介しようかどうしようか、ギリギリまで迷った公演。 第九回 日経能楽鑑賞会「 融 ( とおる ) 」 。 同じ番組を2日間異なる演者で上演…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

8月のピックアップ公演

暑中お見舞い申し上げます。もう1週間もすれば立秋。いよいよ芸術の秋ですね。ということで、今月もここん的おすすめ公演をご紹介。今回は落語が充実…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

国宝浄瑠璃ア・ラ・カルト

いらっしゃいませ、ご注文は? え、おすすめですか? そうですね、10月の国立劇場(小)でしたら、こちらの「人間国宝浄瑠璃盛り合わせ」がおす…

上方がそんなら、江戸はこうだよ! 六花街集結!

本日、上方舞の公演情報をご紹介しましたが、 喧嘩を売るように(笑)、江戸のおどりをご覧いただける公演をご紹介! 江戸っ子は気が短けぇんでい…

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

6月のピックアップ公演

平成最後の夏は伝統芸能とともに! というわけで、今月のオススメ公演は夏むけのラインナップでお届けします。 また、引き続き皆様からの公演情報…

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

仕事を捨てよ、劇場へ行こう!

みなさま、「逃すまじ公演」の到来です。 以前ここんでもご紹介した日本舞踊家5人のユニット、ゴ・ヨ・ウ・カ・イ、五耀會。 今…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

11月のピックアップ公演

寒くなってきましたね。今月のピックアップは、年末年始にかかるものもちらほら。忘年会、新年会の予定が入る前に観劇のためのスケジュールはブロック…

ページ上部へ戻る