© ここん All rights reserved.

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます。

『三茶三味 〜三味線音楽を聴く〜 鶴澤清治×杉本博司』

は、『杉本文楽 曾根崎心中 心中付り観音廻り』で、文楽の斬新な演出を行い大きな話題を呼んだ現代美術作家の杉本博司さんと、演奏のみならず、作曲や新作構成を通じて文楽(浄瑠璃)の新たな可能性を広げ続ける人形浄瑠璃文楽座 三味線の鶴澤清治さん(人間国宝)が再び手を組み、今度は三味線音楽を「聴く」ことにこだわった公演です。

会場の空間構成は杉本博司さんによるもの。杉本文楽でも舞台上を彩る本物の数々に大いに魅了されましたが、今回は劇場を茶室と見立て、杉本博司作「月下紅白梅図」長谷川等伯作「四季柳図屏風」などの美術作品が舞台を彩り、三味線音楽を引き立てます。

また、この公演は三部構成となっており、第一部では、異色の組み合わせによる、各界の著名人の鼎談が行われます。お気に入りのあの人の話を聴きに行くのも良し、興味を誘われるあの人の話を聴きに行くのも良し。日程ごとに異なる顔合わせですので、全日程に足を運んでも楽しめるのでは。

10月23日(金)
山村友五郎(日本舞踊・山村流六世宗家)× いとうせいこう(作家・クリエーター)× 野川美穂子(邦楽研究家)

10月24日(土)
尾上菊之丞(日本舞踊・尾上流四代家元)× 桜井秀俊(ミュージシャン・真心ブラザーズ)× 野川美穂子(邦楽研究家)

10月25日(日)
杉本博司(現代美術作家)× 橋本麻里(ライター・編集者)× 野川美穂子(邦楽研究家)

第二部では、鶴澤清治さんが構成する「三味線組曲」の演奏を楽しみ、第三部では、義太夫節の「卅三間堂棟由来(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)」(通称「柳」)を素浄瑠璃で楽しみます。「三味線組曲」は、義太夫節の表現の一つである「メリヤス」(三味線のみで演奏)の旋律を組み合わせた義太夫節の新作器楽曲で、太棹三味線の厚みのある音色が楽しめる一曲となりそうです。「卅三間堂棟由来」は、宝暦10年に大阪・豊竹座で初演された「祇園女御九重錦」の三段目切に基づいており、人間の妻となった柳の精のお柳、夫の平太郎、息子のみどり丸の3人を主要人物として、夫婦と親子の突然の別れを描く名作中の名作を、太夫と三味線のみの素浄瑠璃で演奏します。

多様な演出で楽しみながらもじっくりと義太夫三味線による音楽を味わうことの出来る公演です。

チケット発売中。公演に関する詳細はこちらから。

【公演情報】

[日程] 2015/10/23(金) 〜 2015/10/25(日)
[会場] 世田谷パブリックシアター
[空間構成] 杉本博司(現代美術作家)
[監修] 野川美穂子(邦楽研究家)
[出演]※鼎談は本文中に記載
 鶴澤清治(人形浄瑠璃文楽座 三味線)、鶴澤清志郎(人形浄瑠璃文楽座 三味線)、鶴澤清馗(人形浄瑠璃文楽座 三味線)、鶴澤寛太郎(人形浄瑠璃文楽座 三味線)、豊竹呂勢大夫(人形浄瑠璃文楽座 太夫)

sanchasyami_Part1 sanchasyami_Part2

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

8月のピックアップ公演

暑中お見舞い申し上げます。もう1週間もすれば立秋。いよいよ芸術の秋ですね。ということで、今月もここん的おすすめ公演をご紹介。今回は落語が充実…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか? 蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。 能から派生して、今やいろんな場面で見られるようです…

国宝浄瑠璃ア・ラ・カルト

いらっしゃいませ、ご注文は? え、おすすめですか? そうですね、10月の国立劇場(小)でしたら、こちらの「人間国宝浄瑠璃盛り合わせ」がおす…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

都会の真ん中で体験する、めくるめく聲明ワールド。

下着メーカーの老舗、ワコールが運営している表参道のアートセンター「スパイラル」。 ここでは美術展やパフォーマンスなど様々なアートプログラム…

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

ページ上部へ戻る