© ここん All rights reserved.

201510/6

ビール片手に伝統芸能?!本屋B&B@下北沢

IMG_0799下北沢にある「本屋B&B」は、ビール片手に本が選べるという、一風変わった店だ。レジカウンターには当たり前のようにドリンクメニューがあり、その後ろにはドリンクサーバーが設置されている。B&Bはつまり、Beer&Books。本屋のような、バーのような、そんな空間。

この本屋さん、特筆すべきはビールだけじゃない。なんと毎日何かしらのイベントが行われている。売っているのは本とビールと、そしてこの空間でしか得られない体験。

 

書店でのイベントは特に珍しいことではないけれど、毎日っていうのはちょっとすごい。多くは著者を招いた刊行記念イベントだが、英会話レッスンや編集塾みたいなのもある。そして、伝統芸能関係のイベントもある!

直近では、こちらの二つ。

■基礎から学ぶ伝統芸能「神楽」~前編 星の神・宿神に祈る舞―銀鏡神楽~
2015年10月19日(月)20:00~22:00
日本の神話を旅する写真家・赤阪友昭さんによる、日本の伝統芸能「神楽」をテーマにしたお話会。前編・後編の2回にわたるイベントで、前編は神楽の基礎や銀鏡神楽(しろみかぐら)の特徴を写真や音で紹介しながら、日本に残る古(いにしえ)の記憶を知るというもの。
銀鏡神楽は、宮崎県内の神楽で初めて国の重要無形民俗文化財に指定されたもので、高千穂神楽や椎葉神楽と並んで宮崎県を代表する神楽の一つ。星の神に祈りを捧げるところが特徴だとか。
詳細はこちら

■辰巳満次郎×とこわかの会 「平成寺子屋 能楽 B&B 」
2015年11月13日(金)20:00~22:00
能の台本「謡本」で読み書きを習った寺子屋の平成版。能楽師の辰巳満次郎さんがわかりやく能の楽しみを伝え、原文を読み解くというもの。「さらにB&Bの本を使って、即興謡も飛び出します」とあるが、はていったいどんな展開になるのやら…?
詳細はこちら

どちらも開始20時からとゆったりなので、会社勤めのひともラクラクなところがうれしい。参加費1500円+500円(1ドリンク)というお気軽価格も魅力。
シモキタの猥雑な裏通りの片隅で、「ビール&伝統芸能」、略してB&D。
仕事終わりにふらりとB&D。
いかがでしょ?

IMG_0797この本屋さん、棚のつくりもやっぱり面白い。日本の伝統文化系の棚はこんな感じ。この規模の書店で、このジャンルが、この冊数あるのは珍しい。以前、とある大型書店の、わずかに取られた伝統芸能の棚に、落語と歌舞伎の本しかなかったときの寂しさといったらなかったもんなぁ。

※店内の写真はお店の許可を得て撮影したものです。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

20153/15

身体に宿る伝統、そして文化

「なぜ能楽師は高齢でも現役でいられるのか?」 40代で若手と言われ、サラリーマンが現役を退く60代でやっと中堅、70~80代で円熟期を迎え、…

20145/28

能×現代アート 新たな表現世界

ただそこで舞うだけで美しい。 能の優美な動きを切り取り、現代美術家の手によって絵画作品の中に写し取られた世界を…

201412/7

自然と、芸能と、人間と。

華道家が荒廃した放置竹林を舞台空間に変え、能楽の囃子音楽がその空間を満たす。 2014年10月19日、静岡市葵区足久保にある竹林で行われた「…

20146/16

ETV特集 鬼の散りぎわ ~文楽・竹本住大夫 最後の舞台~

人形浄瑠璃文楽に長年君臨してきた人間国宝の竹本住大夫。 先月の東京国立劇場での公演を最後に、68年の芸歴にピリオドを打ちました。 その引退に…

20145/20

大阪市立大学文学部特別授業 上方文化講座2014 『本朝廿四孝』

大阪の地で育まれた伝統芸能「文楽」に光をあて、学問的体系のもとに学ぶ大阪市立大学文学部の特別授業が今年も一般公開されます。 2004年に開…

20161/6

『曽根崎心中』の誕生秘話を巡る、超贅沢な時代劇。

古くは後藤久美子→ゴクミ、 メジャーなところでは木村拓哉→キムタク、 短縮率で言えばレッド・ホット・チリ・ペッパーズ→レッチリ。 さて突然…

20146/3

義太夫ひとクチ・ひとバチお稽古 〜まるっといちにち義太夫三昧!〜

重要な地域資源である〈隅田川〉に着目し、2009年から2089年までの80年間、 長期的かつ継続的に取り組んでいるすみだ川アートプロジェクト…

201411/12

子供は大人の父親…無限の感性を開き伝統を継ぐ

「子供は大人の父親(The child is father of the man.)」 これは、イギリスの詩人ワーズワースの詩の一節で、”…

20148/6

能面の面白さ

突然ですが、能面をじっくりと見たことはありますか? 写真でなら幾度となく見たことのある能面。しかしこれまで間近で見たことはな…

20153/2

琳派創成400年、「琳派イヤー」。世界で知られる”謎の絵師” 俵屋宗達「なぜ、今、宗達なのか」

国宝『風神雷神図屛風』で広く知られる俵屋宗達は、琳派の祖と言われる江戸時代最高の絵師の1人ですが、その知名度に反して、どのような人物であった…

20144/27

渡邉 肇「人間浄瑠璃」写真展

フリーランスフォトグラファー渡邉 肇が、「人間浄瑠璃」をテーマに5年の歳月をかけて撮りためた、文楽の舞台裏に垣間みるドラマティックな情景にフ…

ページ上部へ戻る