© ここん All rights reserved.

長唄スピンオフ: 「分け口」争奪戦!!

今回、長唄のおけいこで習っているのは「供奴(ともやっこ)」という15分ほどの曲。
最後まで一通り習い終えた6回目のお稽古で、先生から発表会に向けて「分け口」宣告が下された!

「分け口」とは、長い曲の一部を細かく区切って、ソロパートを作ること。区切り方に決まりはないらしく、唄い手の人数や得手不得手などの状況に応じ、決定されるよう。「今回は唄い手が4人だからAからBまでを4パートに分けましょう」とか「CからDまでは高音なので、花子さん担当ね」という具合らしい(プロはこんな単純じゃないと思うが)。歌舞伎などで長唄を聴いていると、全員一緒に唄っている部分(ツレ)だけでなく、入れ替わりソロで唄っている部分(分け口)があることも気づくだろう。

つまり、先ほどの先生の宣告とは「発表会はソロで唄う部分があるよ♪」というものだからさぁ大変!それまで、一緒に仲良く楽しく唄っていた私たちは、急に焦り出す。ど、どこのパートが課せられるんだろう…とドキドキしていたら、今回は分け口は先生が決めるが、担当は自分たちで決めてよいとのこと。先生は「お弟子さんたちが分け口の担当を決めるときなんかは、みんな一文字でも多く唄いたいから、白熱のじゃんけん大会になるんですよー」って笑う。一文字って(笑)。長く続けるとそんな境地にもなるのかしらん?

ということで、後日、先生からメールで分け口が届いた。「供奴」を大きく3段に分け、各段でメンバー5人分の分け口が充てられていた。次のお稽古まで3週間空く。全15区分を、メンバー全員が顔を合わせることなく、はて、どうやって決めよう?

ちゃらっとGoogle先生にお尋ねしたら、さすが、便利なもんがあるもんですな、「あみだくじドットコム」(笑)。オンライン上で決着をつけられる無料サービス。しかし、これはいい!と思ったのも束の間、各自の希望も聞かず完全にあみだ様に任せるのもなぁ…と更なる悩み噴出。希望を調整できるサービスないかと思案し辿り着いたのは、ご存知「調整さん」! グループ内の日程調整をするのに便利な有名サイトだが、これ、選択肢は日付に限らず何でも入れられるとな!

早速分け口を入力し、フォーム作成。○は「ぜひ唄いたい!」、△は「まあまあ唄いたい」、×は「どちらでもいい」で希望聴取~♪ 調整さんの作成者も、まさかこんな使い方があるとは想定していなかっただろうよ。

各自○×△で希望を入力

こうやって分け口が提示されると、自分がどこを唄いたいか、皆かなり真剣に悩み始めた。ある者はとにかく気持ちよく唄えるところを探し、そしてまたある者はとにかく自分の声が出る音域の部分をひたすら探し…。そうして、メンバー全員にオンライン入力をしてもらい希望が出揃った!

希望一覧!

希望一覧!

表の黄緑の帯の部分が、そう、希望がかぶっている分け口。調整さんの通常機能だと、この黄緑は「あ、みんなの希望が合った♪この日にしよう!」という平和の色だが、ここんでは、“開戦”の色となるのであった…。まさかこのサイトが戦いを生み出すとは、調整さんの作者はもっと想定していなかったに違いない。

さぁ、いよいよ分け口争奪戦!あみだくじドットコムさん、出番です!「武家の気質や~」の分け口で重複したN子、NN子、A子の3人に、作成したあみだくじのリンクを送り、先着でくじを選んでもらう。

3人の選択が出揃った!

3人の選択が出揃った!

この時点では梯子の横棒はもちろん見えない。さらには、横棒は自動生成されるのだ。つまり作成者が関与することも一切できない、正真正銘公平勝負!全員が選択したら、アミダを公開する。

あみだ結果

あみだ結果

A子の勝利ーーー!!
自動的に、他の二人に別の分け口が当てられることになった。
これ、忙しい現代人が長唄を発表するのに、なかなか良いシステムではなかろうか。(え、ニーズが無いって?笑)

ちなみに、分け口争奪戦はもう一つあって、NN子とA子の二人による「高股立ちの」争奪だった。しかし、このあみだくじドットコムでは最低3本のくじを作成する必要があるため、「どこか一つがアタリ」というくじを作ったら、こんなことになった(笑)。

空くじ~!

空くじ~!

結局、話し合いで決着をつけました。
ちゃんちゃん。

 

※サイトのキャプチャ画像は、広告を削除するなど一部編集しています。

<<長唄その6 めざせ日本人
>>長唄その7 いよいよ浴衣会が近づいて、分け口でのおけいこがスタート

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長唄三味線その13 半年ののち、たどり着いた世界

Text by ここんK 1月から半年間・19回を重ねてきたお稽古も、ついに最後。 さびしいです…。 思い起こせば、開始前は「三味線は…

長唄その2 「楽しい」因、同時に「難所」は抑揚だったか!

邦楽初心者。長唄には歌舞伎や踊りの舞台でしか触れた事のない私が、お稽古に参加できるの!? 先生はどんな方?果たして私が唄えるようになるのかし…

長唄その3 サボっていた声帯、再び。

長唄のおけいこ3回目。 富士登山に例えれば5合目から6合目あたりだろうか(登ったことないけど)。 この後に難所が控えているとも知らず、まだま…

長唄三味線その12 ゴールは遠く、果てしなく ~again~

Text by : ここんゲストメンバーM このところ、お稽古からの帰り道は決まって、「もう夏ですねぇ」「最初のお稽古の頃はコート着てたも…

長唄その4 伝統芸能にとんと疎い私も、お稽古に参加してみました!

長唄お稽古も、今回で 4 回目。 夕方、私は薄い唄本と鉛筆、レコーダーをトートバッグに入れて、いそいそと家を出る。 長唄のお稽古に通うよう…

小鼓 その1 高砂の待謡に挑戦!の巻

様々なジャンルの先生方にお試し入門し、おけいこの様子をつまびらかにレポートする本コーナー、次なるターゲットは小鼓です! 小鼓はお囃子の一つと…

篠笛その8 自分を捨てる

一向に進歩が見られないまま、とうとう篠笛のおけいこも最終回。 最後はそれまでの成果を一人一人発表するプチおさらい会の形で行われた。 演奏する…

日本舞踊その5 怖くても嬉しい時間

Text by ここんN 夏の夜、涼やかにライトアップされた歌舞伎座を横目に、職場から稽古場へ急ぐ。皆さんにご挨拶しつつ、浴衣に着替えて、…

長唄その7 いよいよ浴衣会が近づいて、分け口でのおけいこがスタート

さてさて、分け口も決まり、浴衣会まで残すところあと3回のおけいこ(+リハーサル)を残すのみ。 前回から約1ヶ月ぶりのおけいこです。 自分のパ…

長唄その8 うたがこころをもちあげる

前回、前々回とお休みする人もちらほらいたので、久々に全員そろった8回目のおけいこ。 けいこ場のドアを開けると、目に飛び込んできたのはいつも…

長唄その6 めざせ日本人

蒸し暑~い夏の夜、威勢のいい「供奴」の音源を聞きながら、6回目のおけいこへとやってまいりました。迎えてくださった政子先生の浴衣姿が何とも涼し…

能楽 その9 そして迎えたおさらい会

2014年3月某日。 とうとうおさらい会の日がやってきました。 すでに9ヶ月も前のことです…。ご報告が遅くなってスミマセン。 消費税増税直前…

能楽その3 お仕舞いと日本舞踊の共通点は「肩」にアリ?!

「今まで何回、能を見に行ったことがある?」と聞かれたら、「3回です」とハッキリ答えることができてしまうくらい、能にほとんど縁…

能楽その4 自意識との戦い

お稽古もなんだかんだで4回目。謡、仕舞いともひと通りの流れが頭に入り、これでやっとスタート地点に立てたかな、という感じです。…

長唄三味線その11 おかしいなぁ…

今年1月から取り組んできた我々のおけいこも、とうとう大詰め。 やはり締めくくりは発表会でしょう、ということで、 この度もおけいこの成果を披露…

ページ上部へ戻る