© ここん All rights reserved.

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。
栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じる食事は嬉しいもの。

舞台にも「この季節だからこそ、ぐっと来る」演目があります。
それは江戸の暮らしを生き生きと描く落語の世界にももちろんありまして、春に賑わう「長屋の花見」、夏は怪談「牡丹灯篭」、年の暮れには「芝浜」で、年が明ければ「初天神」、などなど。
季節に合った噺を聴くと、自分も一緒に花見や祭りを楽しんだような気がして嬉しくなります。

今回ご紹介したいのも、そんな落語会です。
ただしこの公演、古典の中から季節に合わせた噺を選ぶのではなく、なんと「新作」と書いてございます。しかも十二ヶ月。
ん?ということは、シリーズで毎回季節にちなんだ噺を作って披露するということでしょうか?
新作落語を十二ヶ月も。え、大変!
と驚きましたが、(笑)と付いているので、ま、その辺は肩の力を抜きまして「時々やるよ~二人がかりでね!」ということのようです。
良いですね、二人がかり。このお二人の顔ぶれにこれまた良い予感が致します。

江戸が舞台、暦を感じる新作を語りおろし-
この企画に挑む噺家さんは、落語人気を牽引する春風亭一之輔師匠と、新作落語に定評のある三遊亭天どん師匠。古典も新作も飄々と自然体で語るお二人が、江戸の季節をどんな風に描いて聴かせてくれるのか、期待がふくらみます。

5月に続いて、シリーズ2回目の開催となる11月。
毎度「暦」がお題の落語会なら、お客のこちらも何かひとつ、季節にちなんだものでも身につけて参りましょうか。紅葉や蔦の色づく季節。終演後に高円寺で一杯やるなら、酒のつまみは銀杏でしょうかね~。

季節の移り変わりを楽しむ余裕もなくドタバタ。そんな現実はちょっと忘れて、この日ばかりは落語の世界の住人気分で、こちらも秋を楽しんでしまおうという算段です。

人気者お二人の会ゆえ、お早めの予約で是非どーぞ!


 

151104edobanashi

一之輔・天どん ふたりがかりの会
新作 江戸噺十二ヶ月(笑)

2015年11月4日(水)
午後7時開演
会場:座・高円寺2
料金:3,500円(全席指定)
9月19日よりチケット発売中。

詳細はこちらをどうぞ→
らくご@座  www.rakugo-atto-za.jp

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、 大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じ…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。 発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、 声に乗り移り、空気を揺らし、 聴き手の魂を共振させる。 「唸り…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

漏れます漏れます。

国立劇場で、毎年4月に「明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会」という何とも初心者を寄せつけないタイトルの公演があります。でもね、この業界にあり…

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイ…

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

とりあえずこの人たちは、本当に見といたほうがいい。

日本舞踊界のサラブレッド5人が結成する五耀會(ごようかい)。 いずれも実力ピカイチ☆の5人が、メンバーのお稽古場所で、 毎月「日本舞踊への誘…

5月のピックアップ公演

お久しぶりの更新です。年度末の忙しさから「ちょっとひと休み…」のつもりが、うっかり5月になってしまいました…。 予告もなく更新をサボッお休…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

6月のピックアップ公演

平成最後の夏は伝統芸能とともに! というわけで、今月のオススメ公演は夏むけのラインナップでお届けします。 また、引き続き皆様からの公演情報…

ページ上部へ戻る