© ここん All rights reserved.

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。
栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じる食事は嬉しいもの。

舞台にも「この季節だからこそ、ぐっと来る」演目があります。
それは江戸の暮らしを生き生きと描く落語の世界にももちろんありまして、春に賑わう「長屋の花見」、夏は怪談「牡丹灯篭」、年の暮れには「芝浜」で、年が明ければ「初天神」、などなど。
季節に合った噺を聴くと、自分も一緒に花見や祭りを楽しんだような気がして嬉しくなります。

今回ご紹介したいのも、そんな落語会です。
ただしこの公演、古典の中から季節に合わせた噺を選ぶのではなく、なんと「新作」と書いてございます。しかも十二ヶ月。
ん?ということは、シリーズで毎回季節にちなんだ噺を作って披露するということでしょうか?
新作落語を十二ヶ月も。え、大変!
と驚きましたが、(笑)と付いているので、ま、その辺は肩の力を抜きまして「時々やるよ~二人がかりでね!」ということのようです。
良いですね、二人がかり。このお二人の顔ぶれにこれまた良い予感が致します。

江戸が舞台、暦を感じる新作を語りおろし-
この企画に挑む噺家さんは、落語人気を牽引する春風亭一之輔師匠と、新作落語に定評のある三遊亭天どん師匠。古典も新作も飄々と自然体で語るお二人が、江戸の季節をどんな風に描いて聴かせてくれるのか、期待がふくらみます。

5月に続いて、シリーズ2回目の開催となる11月。
毎度「暦」がお題の落語会なら、お客のこちらも何かひとつ、季節にちなんだものでも身につけて参りましょうか。紅葉や蔦の色づく季節。終演後に高円寺で一杯やるなら、酒のつまみは銀杏でしょうかね~。

季節の移り変わりを楽しむ余裕もなくドタバタ。そんな現実はちょっと忘れて、この日ばかりは落語の世界の住人気分で、こちらも秋を楽しんでしまおうという算段です。

人気者お二人の会ゆえ、お早めの予約で是非どーぞ!


 

151104edobanashi

一之輔・天どん ふたりがかりの会
新作 江戸噺十二ヶ月(笑)

2015年11月4日(水)
午後7時開演
会場:座・高円寺2
料金:3,500円(全席指定)
9月19日よりチケット発売中。

詳細はこちらをどうぞ→
らくご@座  www.rakugo-atto-za.jp

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。 発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、 声に乗り移り、空気を揺らし、 聴き手の魂を共振させる。 「唸り…

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

イケメンのみならず。

ド直球なお願いで恐縮ですが、下記長いんですけど、ぜひ読んでください! 市川海老蔵さん、市川猿之助さん、坂本龍一さんなど、著名人との交流も深…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイ…

6月のピックアップ公演

平成最後の夏は伝統芸能とともに! というわけで、今月のオススメ公演は夏むけのラインナップでお届けします。 また、引き続き皆様からの公演情報…

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

寒~い冬は演芸であったまる!

お祭りといえば、夏や秋? いえいえ、暖かくなるのを待たずとも、冬からお祭り気分で盛り上がってしまおうという街があります。それが高円寺。 夏…

1つでも気になる要素があれば観て欲しい『日本舞踊×オーケストラ Vol.2』

日本舞踊と西洋音楽との共演は、かなり以前から「創作舞踊」として実験的に行われてきました。 そんな取り組みに対しては<ジャンルが違えば人が違…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

上方がそんなら、江戸はこうだよ! 六花街集結!

本日、上方舞の公演情報をご紹介しましたが、 喧嘩を売るように(笑)、江戸のおどりをご覧いただける公演をご紹介! 江戸っ子は気が短けぇんでい…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

ページ上部へ戻る