© ここん All rights reserved.

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。
京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。
13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今藤長十郎・人間国宝)の手ほどきを受け、
「宮川町にこの人あり」とまで言われるようになった三味線の名手。

しかしながら、その演奏を生で聴く機会は、東京ではなかなかありません。
ましてや、本人が主役のリサイタル公演は珍しい。
これはもう、万難を排し、万障繰り合わせて紀尾井ホールへ行くしかないでしょう。

演目は、「三曲糸の調べ」と「二人椀久」。
「三曲糸の調べ」は、有名な『壇ノ浦兜軍記』 阿古屋琴責を長唄にしたものです。
遊女の阿古屋が、箏(こと)、胡弓、三味線を弾く場面。
歌舞伎や文楽では楽器をそれぞれ弾き分けますが、
長唄では箏と胡弓の部分も三味線で表現します。

「二人椀久」は難技巧を要する大曲。
古希を過ぎてもなお、その腕は一向に衰えを感じさせないどころか、
他の追随を許さないと言われる美佐緒さん。
難曲も、いとも軽やかにさりげなく弾いてしまうんだろうなぁ。

それを、紀尾井小ホールで聴ける幸せ。

チケットは本日9月3日(木)10:00発売です。当日のご案内ですいませんっ!! 急げ―!!

詳細はこちら。


今藤美佐緒をきく会
2015年11月19日(木)午後6時30分開演

~芸の継承とは、ただ上手に弾けるというだけではなく、師匠からその精神をどれだけ受け取ることができたかにあります。楽譜や録音も使わない当時の一子相伝の修行のあり様は、今日とは異なる芸の受け渡しで、そこから得られたもの受け継いだものは、現在とはまた違った何かがあるに違いありません。
それを聞けるのが今回の演奏会です。~
※公演チラシより一部抜粋。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

11月のピックアップ公演

寒くなってきましたね。今月のピックアップは、年末年始にかかるものもちらほら。忘年会、新年会の予定が入る前に観劇のためのスケジュールはブロック…

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

とりあえずこの人たちは、本当に見といたほうがいい。

日本舞踊界のサラブレッド5人が結成する五耀會(ごようかい)。 いずれも実力ピカイチ☆の5人が、メンバーのお稽古場所で、 毎月「日本舞踊への誘…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

5月のピックアップ公演

お久しぶりの更新です。年度末の忙しさから「ちょっとひと休み…」のつもりが、うっかり5月になってしまいました…。 予告もなく更新をサボッお休…

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか? 蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。 能から派生して、今やいろんな場面で見られるようです…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

話題の舞台、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が大阪&博多に

それは、“ゴムゴムの実”を食べて、 体がゴムのように伸び縮みするようになっちゃった少年が海賊王を目指す漫画。 …

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

あまり教えたくない、掘り出し公演

本当は秘密にしておきたい公演です。この特別な場所は、なんとなく静かで密やかであってほしい。客席だって、ぎゅうぎゅうに埋まっているより、ゆった…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

国宝浄瑠璃ア・ラ・カルト

いらっしゃいませ、ご注文は? え、おすすめですか? そうですね、10月の国立劇場(小)でしたら、こちらの「人間国宝浄瑠璃盛り合わせ」がおす…

ページ上部へ戻る