© ここん All rights reserved.

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。
京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。
13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今藤長十郎・人間国宝)の手ほどきを受け、
「宮川町にこの人あり」とまで言われるようになった三味線の名手。

しかしながら、その演奏を生で聴く機会は、東京ではなかなかありません。
ましてや、本人が主役のリサイタル公演は珍しい。
これはもう、万難を排し、万障繰り合わせて紀尾井ホールへ行くしかないでしょう。

演目は、「三曲糸の調べ」と「二人椀久」。
「三曲糸の調べ」は、有名な『壇ノ浦兜軍記』 阿古屋琴責を長唄にしたものです。
遊女の阿古屋が、箏(こと)、胡弓、三味線を弾く場面。
歌舞伎や文楽では楽器をそれぞれ弾き分けますが、
長唄では箏と胡弓の部分も三味線で表現します。

「二人椀久」は難技巧を要する大曲。
古希を過ぎてもなお、その腕は一向に衰えを感じさせないどころか、
他の追随を許さないと言われる美佐緒さん。
難曲も、いとも軽やかにさりげなく弾いてしまうんだろうなぁ。

それを、紀尾井小ホールで聴ける幸せ。

チケットは本日9月3日(木)10:00発売です。当日のご案内ですいませんっ!! 急げ―!!

詳細はこちら。


今藤美佐緒をきく会
2015年11月19日(木)午後6時30分開演

~芸の継承とは、ただ上手に弾けるというだけではなく、師匠からその精神をどれだけ受け取ることができたかにあります。楽譜や録音も使わない当時の一子相伝の修行のあり様は、今日とは異なる芸の受け渡しで、そこから得られたもの受け継いだものは、現在とはまた違った何かがあるに違いありません。
それを聞けるのが今回の演奏会です。~
※公演チラシより一部抜粋。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイ…

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

8月のピックアップ公演

8月。舞台公演も夏休みといった感じですが、秋のシーズンに向けて、いくつかご紹介します。そして、舞台がお休みならストリートへ行こう!芸能を核と…

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか? 武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化…

決戦前夜

ご紹介しようかどうしようか、ギリギリまで迷った公演。 第九回 日経能楽鑑賞会「 融 ( とおる ) 」 。 同じ番組を2日間異なる演者で上演…

1つでも気になる要素があれば観て欲しい『日本舞踊×オーケストラ Vol.2』

日本舞踊と西洋音楽との共演は、かなり以前から「創作舞踊」として実験的に行われてきました。 そんな取り組みに対しては<ジャンルが違えば人が違…

漏れます漏れます。

国立劇場で、毎年4月に「明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会」という何とも初心者を寄せつけないタイトルの公演があります。でもね、この業界にあり…

国宝浄瑠璃ア・ラ・カルト

いらっしゃいませ、ご注文は? え、おすすめですか? そうですね、10月の国立劇場(小)でしたら、こちらの「人間国宝浄瑠璃盛り合わせ」がおす…

イケメンのみならず。

ド直球なお願いで恐縮ですが、下記長いんですけど、ぜひ読んでください! 市川海老蔵さん、市川猿之助さん、坂本龍一さんなど、著名人との交流も深…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

ページ上部へ戻る