© ここん All rights reserved.

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。
京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。
13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今藤長十郎・人間国宝)の手ほどきを受け、
「宮川町にこの人あり」とまで言われるようになった三味線の名手。

しかしながら、その演奏を生で聴く機会は、東京ではなかなかありません。
ましてや、本人が主役のリサイタル公演は珍しい。
これはもう、万難を排し、万障繰り合わせて紀尾井ホールへ行くしかないでしょう。

演目は、「三曲糸の調べ」と「二人椀久」。
「三曲糸の調べ」は、有名な『壇ノ浦兜軍記』 阿古屋琴責を長唄にしたものです。
遊女の阿古屋が、箏(こと)、胡弓、三味線を弾く場面。
歌舞伎や文楽では楽器をそれぞれ弾き分けますが、
長唄では箏と胡弓の部分も三味線で表現します。

「二人椀久」は難技巧を要する大曲。
古希を過ぎてもなお、その腕は一向に衰えを感じさせないどころか、
他の追随を許さないと言われる美佐緒さん。
難曲も、いとも軽やかにさりげなく弾いてしまうんだろうなぁ。

それを、紀尾井小ホールで聴ける幸せ。

チケットは本日9月3日(木)10:00発売です。当日のご案内ですいませんっ!! 急げ―!!

詳細はこちら。


今藤美佐緒をきく会
2015年11月19日(木)午後6時30分開演

~芸の継承とは、ただ上手に弾けるというだけではなく、師匠からその精神をどれだけ受け取ることができたかにあります。楽譜や録音も使わない当時の一子相伝の修行のあり様は、今日とは異なる芸の受け渡しで、そこから得られたもの受け継いだものは、現在とはまた違った何かがあるに違いありません。
それを聞けるのが今回の演奏会です。~
※公演チラシより一部抜粋。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

上方がそんなら、江戸はこうだよ! 六花街集結!

本日、上方舞の公演情報をご紹介しましたが、 喧嘩を売るように(笑)、江戸のおどりをご覧いただける公演をご紹介! 江戸っ子は気が短けぇんでい…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

あまり教えたくない、掘り出し公演

本当は秘密にしておきたい公演です。この特別な場所は、なんとなく静かで密やかであってほしい。客席だって、ぎゅうぎゅうに埋まっているより、ゆった…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

6月のピックアップ公演

平成最後の夏は伝統芸能とともに! というわけで、今月のオススメ公演は夏むけのラインナップでお届けします。 また、引き続き皆様からの公演情報…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

都会の真ん中で体験する、めくるめく聲明ワールド。

下着メーカーの老舗、ワコールが運営している表参道のアートセンター「スパイラル」。 ここでは美術展やパフォーマンスなど様々なアートプログラム…

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。 発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、 声に乗り移り、空気を揺らし、 聴き手の魂を共振させる。 「唸り…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか? 武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

ページ上部へ戻る