© ここん All rights reserved.

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか?
蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。
能から派生して、今やいろんな場面で見られるようですが、
その、蜘蛛の糸を投げてみよう!ってワークショップが開催されるようです!
一度、能楽師の方に聞いたのですが、これ、玄人の舞台用だと一つ2000~3000円するのだとか・・・。
ひゃ~!!
ワークショップで使われるものがどんなものかは不明ですが、
気持ちイーのは、間違いないかとっ!
詳しくは、運営事務局からの下記のご案内を参照くださいませ~。

___________________________________
9月4日(金)Essence of Japanese「能の入門篇―なりきり、土蜘蛛!―」
___________________________________

テレビ、歌舞伎、プロレス、誰しも1度は、蜘蛛の糸を投げるシーンを見たことがある
のではないでしょうか?自分でも、投げてみたいと思ったことはありませんか?
蜘蛛の糸を投げるオリジナルは、能楽にあります。能「土蜘蛛という演目で、蜘蛛の
精が投げたのが始まりです。
当初、蜘蛛の糸の作り方、投げ方は秘伝とされましたが、その後そのヒミツが歌舞伎役
者に漏れ、今では様々な場面に登場するようになりました。今回は、能楽師・武田祥照
氏のご案内で、参加者みなさんで蜘蛛の糸を投げるワークショップを行います!室町時
代のスパイダーマンになってみませんか?

■ 日時 9月4日(金)19:00~20:30(18:40受付開始)
■ 場所 ワテラスコモン1F サロン http://www.waterrascommon.com/access.html
■ 参加費 ¥2,500(税込/蜘蛛の糸付/当日支払)
■ 定員 30名
■ ゲスト 武田祥照(観世流シテ方能楽師)
■ 申込先   
event@goodmornings.co.jp 03-5720-8320
*お名前、連絡先(電話番号)、
参加人数を記入してお送りください。

詳細はコチラ↓
http://goodmornings.co.jp/info/?cat=3

※お問い合わせ・お申し込みに関するご回答までに、2-3営業日いただいております。
※キャンセルの場合はメールまたはお電話でご連絡下さい。
※他、お問合せ等は event@goodmornings.co.jp へご連絡下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

good morningsウェブサイト
http://goodmornings.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

イケメンのみならず。

ド直球なお願いで恐縮ですが、下記長いんですけど、ぜひ読んでください! 市川海老蔵さん、市川猿之助さん、坂本龍一さんなど、著名人との交流も深…

寒~い冬は演芸であったまる!

お祭りといえば、夏や秋? いえいえ、暖かくなるのを待たずとも、冬からお祭り気分で盛り上がってしまおうという街があります。それが高円寺。 夏…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、 大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じ…

ページ上部へ戻る