© ここん All rights reserved.

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか?
蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。
能から派生して、今やいろんな場面で見られるようですが、
その、蜘蛛の糸を投げてみよう!ってワークショップが開催されるようです!
一度、能楽師の方に聞いたのですが、これ、玄人の舞台用だと一つ2000~3000円するのだとか・・・。
ひゃ~!!
ワークショップで使われるものがどんなものかは不明ですが、
気持ちイーのは、間違いないかとっ!
詳しくは、運営事務局からの下記のご案内を参照くださいませ~。

___________________________________
9月4日(金)Essence of Japanese「能の入門篇―なりきり、土蜘蛛!―」
___________________________________

テレビ、歌舞伎、プロレス、誰しも1度は、蜘蛛の糸を投げるシーンを見たことがある
のではないでしょうか?自分でも、投げてみたいと思ったことはありませんか?
蜘蛛の糸を投げるオリジナルは、能楽にあります。能「土蜘蛛という演目で、蜘蛛の
精が投げたのが始まりです。
当初、蜘蛛の糸の作り方、投げ方は秘伝とされましたが、その後そのヒミツが歌舞伎役
者に漏れ、今では様々な場面に登場するようになりました。今回は、能楽師・武田祥照
氏のご案内で、参加者みなさんで蜘蛛の糸を投げるワークショップを行います!室町時
代のスパイダーマンになってみませんか?

■ 日時 9月4日(金)19:00~20:30(18:40受付開始)
■ 場所 ワテラスコモン1F サロン http://www.waterrascommon.com/access.html
■ 参加費 ¥2,500(税込/蜘蛛の糸付/当日支払)
■ 定員 30名
■ ゲスト 武田祥照(観世流シテ方能楽師)
■ 申込先   
event@goodmornings.co.jp 03-5720-8320
*お名前、連絡先(電話番号)、
参加人数を記入してお送りください。

詳細はコチラ↓
http://goodmornings.co.jp/info/?cat=3

※お問い合わせ・お申し込みに関するご回答までに、2-3営業日いただいております。
※キャンセルの場合はメールまたはお電話でご連絡下さい。
※他、お問合せ等は event@goodmornings.co.jp へご連絡下さい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

good morningsウェブサイト
http://goodmornings.co.jp/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

あまり教えたくない、掘り出し公演

本当は秘密にしておきたい公演です。この特別な場所は、なんとなく静かで密やかであってほしい。客席だって、ぎゅうぎゅうに埋まっているより、ゆった…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

It’s magical! @明治神宮

毎年11月3日文化の日は、東京・明治神宮の例大祭。 神宮北側の広大な緑地で、普段目にすることの少ない芸能・武芸が奉納される。 数年前、ふらっ…

仕事を捨てよ、劇場へ行こう!

みなさま、「逃すまじ公演」の到来です。 以前ここんでもご紹介した日本舞踊家5人のユニット、ゴ・ヨ・ウ・カ・イ、五耀會。 今…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか? 武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化…

8月のピックアップ公演

8月。舞台公演も夏休みといった感じですが、秋のシーズンに向けて、いくつかご紹介します。そして、舞台がお休みならストリートへ行こう!芸能を核と…

ドラマチック、能!

能や狂言では、いたってシンプルな状況設定や登場人物でとても劇的な物語が描かれています。 物語が作られた中世でも現代に至ってでも同じく、現実離…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

話題の舞台、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が大阪&博多に

それは、“ゴムゴムの実”を食べて、 体がゴムのように伸び縮みするようになっちゃった少年が海賊王を目指す漫画。 …

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。 発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、 声に乗り移り、空気を揺らし、 聴き手の魂を共振させる。 「唸り…

ページ上部へ戻る