© ここん All rights reserved.

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。
国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。
「あおげ あおげ」「あおぐぞ あおぐぞ」
ストーリーの面白さより言葉のリズムが妙に印象深く、以来ずっと記憶に残っている。

それからウン十年がたち、実際に能舞台で太郎冠者を見るようになって、
「ところで太郎冠者ってよく出てくるけど、誰? 同じ人?」
という疑問が頭をもたげた。

そう、名前だとばかり思っていた太郎冠者は実は固有名詞ではなかったのだ。
冠者というのは家来のことで、太郎は名前ではなく1番目という意味、つまり太郎冠者は筆頭家来をさす。
狂言ではこの太郎冠者が主役で話が進んでいくものが多く、演目ごとにキャラクターは様々。
おっちょこちょいだったり、小ずるかったり、アホだったり。
共通しているのは「憎めないやつ」というところか(酒好きでもある)。

その「憎めなさ」や「愛嬌」がどれだけにじみ出るかは役者次第。
名人の太郎冠者は舞台に登場しただけで愛おしく、それでいて笑いがこみ上げてくる。

そんな太郎冠者をフィーチャーした公演がこちら。
題して「あの太郎冠者・この太郎冠者・その太郎冠者」。

会場は高層ビルの地下に現れるスペクタクル空間「セルリアンタワー能楽堂」。
客席と舞台との距離が近く、演者の放つ気を身近に感じられる親密空間で、
太郎冠者が登場する演目が3本。
三者三様の太郎冠者のキャラの違いをお楽しみあれ。


セルリアンタワー能楽堂 狂言の会-茂山狂言会-
あの太郎冠者・この太郎冠者・その太郎冠者

2016年1月16日(土)午後1時開演(午後3時00分終演予定)

解説 茂山茂
狂言「茫々頭」 太郎冠者 茂山七五三 主人 網谷正美 後見 井口竜也
狂言「寝音曲」 太郎冠者 茂山千五郎 主人 松本薫 後見 山下守之
狂言「空腕」 太郎冠者 茂山正邦 主人 茂山茂 後見 井口竜也                          

チケット発売は10月16日(金)10時より。
詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

イケメンのみならず。

ド直球なお願いで恐縮ですが、下記長いんですけど、ぜひ読んでください! 市川海老蔵さん、市川猿之助さん、坂本龍一さんなど、著名人との交流も深…

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

都会の真ん中で体験する、めくるめく聲明ワールド。

下着メーカーの老舗、ワコールが運営している表参道のアートセンター「スパイラル」。 ここでは美術展やパフォーマンスなど様々なアートプログラム…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

1つでも気になる要素があれば観て欲しい『日本舞踊×オーケストラ Vol.2』

日本舞踊と西洋音楽との共演は、かなり以前から「創作舞踊」として実験的に行われてきました。 そんな取り組みに対しては<ジャンルが違えば人が違…

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

8月のピックアップ公演

暑中お見舞い申し上げます。もう1週間もすれば立秋。いよいよ芸術の秋ですね。ということで、今月もここん的おすすめ公演をご紹介。今回は落語が充実…

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

あまり教えたくない、掘り出し公演

本当は秘密にしておきたい公演です。この特別な場所は、なんとなく静かで密やかであってほしい。客席だって、ぎゅうぎゅうに埋まっているより、ゆった…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

ページ上部へ戻る