© ここん All rights reserved.

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。
国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。
「あおげ あおげ」「あおぐぞ あおぐぞ」
ストーリーの面白さより言葉のリズムが妙に印象深く、以来ずっと記憶に残っている。

それからウン十年がたち、実際に能舞台で太郎冠者を見るようになって、
「ところで太郎冠者ってよく出てくるけど、誰? 同じ人?」
という疑問が頭をもたげた。

そう、名前だとばかり思っていた太郎冠者は実は固有名詞ではなかったのだ。
冠者というのは家来のことで、太郎は名前ではなく1番目という意味、つまり太郎冠者は筆頭家来をさす。
狂言ではこの太郎冠者が主役で話が進んでいくものが多く、演目ごとにキャラクターは様々。
おっちょこちょいだったり、小ずるかったり、アホだったり。
共通しているのは「憎めないやつ」というところか(酒好きでもある)。

その「憎めなさ」や「愛嬌」がどれだけにじみ出るかは役者次第。
名人の太郎冠者は舞台に登場しただけで愛おしく、それでいて笑いがこみ上げてくる。

そんな太郎冠者をフィーチャーした公演がこちら。
題して「あの太郎冠者・この太郎冠者・その太郎冠者」。

会場は高層ビルの地下に現れるスペクタクル空間「セルリアンタワー能楽堂」。
客席と舞台との距離が近く、演者の放つ気を身近に感じられる親密空間で、
太郎冠者が登場する演目が3本。
三者三様の太郎冠者のキャラの違いをお楽しみあれ。


セルリアンタワー能楽堂 狂言の会-茂山狂言会-
あの太郎冠者・この太郎冠者・その太郎冠者

2016年1月16日(土)午後1時開演(午後3時00分終演予定)

解説 茂山茂
狂言「茫々頭」 太郎冠者 茂山七五三 主人 網谷正美 後見 井口竜也
狂言「寝音曲」 太郎冠者 茂山千五郎 主人 松本薫 後見 山下守之
狂言「空腕」 太郎冠者 茂山正邦 主人 茂山茂 後見 井口竜也                          

チケット発売は10月16日(金)10時より。
詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

8月のピックアップ公演

8月。舞台公演も夏休みといった感じですが、秋のシーズンに向けて、いくつかご紹介します。そして、舞台がお休みならストリートへ行こう!芸能を核と…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか? 蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。 能から派生して、今やいろんな場面で見られるようです…

五人囃子で聴くお能

ちょっと季節はずれなお話ですが、ひな人形の五人囃子に関東と関西で違いがあるのをご存知ですか? 武家中心の関東は能楽の五人囃子、対して公家文化…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

8月のピックアップ公演

暑中お見舞い申し上げます。もう1週間もすれば立秋。いよいよ芸術の秋ですね。ということで、今月もここん的おすすめ公演をご紹介。今回は落語が充実…

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

新年を寿ぐ江戸音曲

もうあと数日で年明け。 年末年始を華やいだ気持ちで過ごし、少しずつお正月気分の抜け始めるのは、1月半ばといったところでしょうか。そんな頃にお…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

寒~い冬は演芸であったまる!

お祭りといえば、夏や秋? いえいえ、暖かくなるのを待たずとも、冬からお祭り気分で盛り上がってしまおうという街があります。それが高円寺。 夏…

あまり教えたくない、掘り出し公演

本当は秘密にしておきたい公演です。この特別な場所は、なんとなく静かで密やかであってほしい。客席だって、ぎゅうぎゅうに埋まっているより、ゆった…

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

12月のピックアップ公演

あれよあれよという間に今年も師走を迎えてしまいましたよ。観劇納め、観劇始めにもオススメの公演を今月もあれやこれやご紹介しまーす。 ――…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

ページ上部へ戻る