© ここん All rights reserved.

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。
ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、ということも。

芸能は当然ながら人に属しているので、その人の持つ芸はその人を通じてしか体現されない。
運良く同じ時代に生き合わせて、その芸に出会えなければ知ることのできない世界です。

それは出会えるまでずっと待っていてはくれません。
うかうかしている間に、悲しいかな、名人は一人また一人と世を去っていってしまうのです。

ま、過去を振り返っても仕方ないので、今のうちに出会っておくべし、というお方をご紹介します。
女流義太夫の人間国宝・竹本駒之助様。
駒様の義太夫を聞くべし。

女流義太夫は文楽と同じ義太夫節ですが、人形はありません。
視覚的イメージがなく、太夫による語りと三味線だけです。
でもそこに鮮やかに物語世界が立ち現れ、そのうねりにすっぽり飲み込まれ、
自分が舞台を見ているという実感が薄れる。
そんな不思議な感覚に襲われることがあります。
これはちょっとした奇跡ではないかな、とすら思います。

そんな奇跡を体験しに。いざ。


33606_1KAAT竹本駒之助公演、第五弾
『鎌倉三代記』八ツ目切「三浦別の段」
2015年10月31日(土)
2015年11月1日(日)
両日とも14時半開場、15時開演
場所:神奈川芸術劇場
料金:4,000円(全席自由)
チケット発売開始2015年07月26日(日)

【出演】
竹本駒之助(たけもと こまのすけ/太夫)
鶴澤津賀寿(つるざわ つがじゅ/ 三味線)

その他詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

話題の舞台、スーパー歌舞伎Ⅱ「ワンピース」が大阪&博多に

それは、“ゴムゴムの実”を食べて、 体がゴムのように伸び縮みするようになっちゃった少年が海賊王を目指す漫画。 …

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

国宝浄瑠璃ア・ラ・カルト

いらっしゃいませ、ご注文は? え、おすすめですか? そうですね、10月の国立劇場(小)でしたら、こちらの「人間国宝浄瑠璃盛り合わせ」がおす…

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

決戦前夜

ご紹介しようかどうしようか、ギリギリまで迷った公演。 第九回 日経能楽鑑賞会「 融 ( とおる ) 」 。 同じ番組を2日間異なる演者で上演…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

ドラマチック、能!

能や狂言では、いたってシンプルな状況設定や登場人物でとても劇的な物語が描かれています。 物語が作られた中世でも現代に至ってでも同じく、現実離…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

1つでも気になる要素があれば観て欲しい『日本舞踊×オーケストラ Vol.2』

日本舞踊と西洋音楽との共演は、かなり以前から「創作舞踊」として実験的に行われてきました。 そんな取り組みに対しては<ジャンルが違えば人が違…

ページ上部へ戻る