© ここん All rights reserved.

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。
ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、ということも。

芸能は当然ながら人に属しているので、その人の持つ芸はその人を通じてしか体現されない。
運良く同じ時代に生き合わせて、その芸に出会えなければ知ることのできない世界です。

それは出会えるまでずっと待っていてはくれません。
うかうかしている間に、悲しいかな、名人は一人また一人と世を去っていってしまうのです。

ま、過去を振り返っても仕方ないので、今のうちに出会っておくべし、というお方をご紹介します。
女流義太夫の人間国宝・竹本駒之助様。
駒様の義太夫を聞くべし。

女流義太夫は文楽と同じ義太夫節ですが、人形はありません。
視覚的イメージがなく、太夫による語りと三味線だけです。
でもそこに鮮やかに物語世界が立ち現れ、そのうねりにすっぽり飲み込まれ、
自分が舞台を見ているという実感が薄れる。
そんな不思議な感覚に襲われることがあります。
これはちょっとした奇跡ではないかな、とすら思います。

そんな奇跡を体験しに。いざ。


33606_1KAAT竹本駒之助公演、第五弾
『鎌倉三代記』八ツ目切「三浦別の段」
2015年10月31日(土)
2015年11月1日(日)
両日とも14時半開場、15時開演
場所:神奈川芸術劇場
料金:4,000円(全席自由)
チケット発売開始2015年07月26日(日)

【出演】
竹本駒之助(たけもと こまのすけ/太夫)
鶴澤津賀寿(つるざわ つがじゅ/ 三味線)

その他詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

決戦前夜

ご紹介しようかどうしようか、ギリギリまで迷った公演。 第九回 日経能楽鑑賞会「 融 ( とおる ) 」 。 同じ番組を2日間異なる演者で上演…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

11月のピックアップ公演

寒くなってきましたね。今月のピックアップは、年末年始にかかるものもちらほら。忘年会、新年会の予定が入る前に観劇のためのスケジュールはブロック…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

ページ上部へ戻る