© ここん All rights reserved.

国宝浄瑠璃ア・ラ・カルト

いらっしゃいませ、ご注文は?

え、おすすめですか?
そうですね、10月の国立劇場(小)でしたら、こちらの「人間国宝浄瑠璃盛り合わせ」がおすすめでございます。
一中節、宮薗節、義太夫節、清元節の4種の浄瑠璃を少しずつお楽しみいただける一皿になっております。

メインの素材はどれも国宝級でして、それぞれ単品でがっつり味わっていただくのが一番ですが、「いろんな味の違いを味わいたいわ」、というお客様にはうってつけの一品でございます。

ではこちらで?
はい、かしこまりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小芝居、失礼いたしました。
でもまぁ、かいつまんで言えば、そういう公演なのです。

「浄瑠璃(じょうるり)」ってご存知でしょうか?
邦楽のジャンルの一つで、三味線の演奏とともに太夫が語る「語り物」音楽の総称なのですが、
物語に節をつけて語る with 三味線、そんな感じのものと思っていただければだいたい合ってます。

で、その浄瑠璃ファミリーの中には義太夫節だとか清元節、常磐津節などなど様々な小ジャンルがありまして、

1.そのうちの義太夫節、清元節、一中節、宮薗節の4種の浄瑠璃の
2.「道行(みちゆき)」と呼ばれるフィナーレ部分を
3.それぞれのジャンルの人間国宝が語る

というなんとも贅沢でおいしいとこどりな内容の公演がこちらなのです。

前菜でも焼き鳥でもチーズでも、自分が好きな単品だけを頼むのもいいけれど、
盛り合わせには自分では頼まない一品が混ざっていたりして、
それが新しい出会いのきっかけになる、なんてことないですか?

この公演も、そんな新しい出会い、驚き、きっかけが一緒に盛り込まれて、あなたのもとに運ばれて来るやもしれません。

お話は『浄瑠璃を読もう』の著者・橋本治さん。
この本の面白さも語りだすと長くなるので割愛しますが、
つまりは、ふだんはない、おトクな限定特別メニューってやつなのですよ。

ああ、でもここまで推しておきながら当のわたくしめは、この日は府中で行われる文楽公演に行くことになっているのです。
こちらは義太夫節一点盛り。それも大盛り。いや特盛フルコース(昼夜通しで行くのです…)。
いつも一点盛りばかりなので、たまには盛り合わせもいいなーと思ったのですが、残念ながら日程のバッティングにて鑑賞能わず。
嗚呼、体が二つあったらなぁ。別腹はあるのになぁ。


10月邦楽公演「邦楽名曲鑑賞会 道行四景」

2015年10月10日(土)
午後2時開演(午後4時50分終演予定)

電話・インターネット予約開始=8月11日(火)10時~
※チケット情報、公演詳細はこちら

H27-10michiyukiyonnkei-omote主な出演者:橋本治(作家)

一中節 宇治紫文(人間国宝)

宮薗節 宮薗千碌(人間国宝)

義太夫節 竹本駒之助(人間国宝)

清元節 清元清寿太夫(人間国宝)

※字幕あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

都会の真ん中で体験する、めくるめく聲明ワールド。

下着メーカーの老舗、ワコールが運営している表参道のアートセンター「スパイラル」。 ここでは美術展やパフォーマンスなど様々なアートプログラム…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

It’s magical! @明治神宮

毎年11月3日文化の日は、東京・明治神宮の例大祭。 神宮北側の広大な緑地で、普段目にすることの少ない芸能・武芸が奉納される。 数年前、ふらっ…

12月のピックアップ公演

あれよあれよという間に今年も師走を迎えてしまいましたよ。観劇納め、観劇始めにもオススメの公演を今月もあれやこれやご紹介しまーす。 ――…

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。 発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、 声に乗り移り、空気を揺らし、 聴き手の魂を共振させる。 「唸り…

ドラマチック、能!

能や狂言では、いたってシンプルな状況設定や登場人物でとても劇的な物語が描かれています。 物語が作られた中世でも現代に至ってでも同じく、現実離…

5月のピックアップ公演

お久しぶりの更新です。年度末の忙しさから「ちょっとひと休み…」のつもりが、うっかり5月になってしまいました…。 予告もなく更新をサボッお休…

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

劇中劇で能に触れる

紀尾井友の会の会員である私の元には、定期的に紀尾井ホールの公演チラシが送られてきます。 その中で、ふと目に留まったのが「紀尾井ホール開館20…

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか? 蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。 能から派生して、今やいろんな場面で見られるようです…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

1つでも気になる要素があれば観て欲しい『日本舞踊×オーケストラ Vol.2』

日本舞踊と西洋音楽との共演は、かなり以前から「創作舞踊」として実験的に行われてきました。 そんな取り組みに対しては<ジャンルが違えば人が違…

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、 大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じ…

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

ページ上部へ戻る