© ここん All rights reserved.

国宝浄瑠璃ア・ラ・カルト

いらっしゃいませ、ご注文は?

え、おすすめですか?
そうですね、10月の国立劇場(小)でしたら、こちらの「人間国宝浄瑠璃盛り合わせ」がおすすめでございます。
一中節、宮薗節、義太夫節、清元節の4種の浄瑠璃を少しずつお楽しみいただける一皿になっております。

メインの素材はどれも国宝級でして、それぞれ単品でがっつり味わっていただくのが一番ですが、「いろんな味の違いを味わいたいわ」、というお客様にはうってつけの一品でございます。

ではこちらで?
はい、かしこまりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小芝居、失礼いたしました。
でもまぁ、かいつまんで言えば、そういう公演なのです。

「浄瑠璃(じょうるり)」ってご存知でしょうか?
邦楽のジャンルの一つで、三味線の演奏とともに太夫が語る「語り物」音楽の総称なのですが、
物語に節をつけて語る with 三味線、そんな感じのものと思っていただければだいたい合ってます。

で、その浄瑠璃ファミリーの中には義太夫節だとか清元節、常磐津節などなど様々な小ジャンルがありまして、

1.そのうちの義太夫節、清元節、一中節、宮薗節の4種の浄瑠璃の
2.「道行(みちゆき)」と呼ばれるフィナーレ部分を
3.それぞれのジャンルの人間国宝が語る

というなんとも贅沢でおいしいとこどりな内容の公演がこちらなのです。

前菜でも焼き鳥でもチーズでも、自分が好きな単品だけを頼むのもいいけれど、
盛り合わせには自分では頼まない一品が混ざっていたりして、
それが新しい出会いのきっかけになる、なんてことないですか?

この公演も、そんな新しい出会い、驚き、きっかけが一緒に盛り込まれて、あなたのもとに運ばれて来るやもしれません。

お話は『浄瑠璃を読もう』の著者・橋本治さん。
この本の面白さも語りだすと長くなるので割愛しますが、
つまりは、ふだんはない、おトクな限定特別メニューってやつなのですよ。

ああ、でもここまで推しておきながら当のわたくしめは、この日は府中で行われる文楽公演に行くことになっているのです。
こちらは義太夫節一点盛り。それも大盛り。いや特盛フルコース(昼夜通しで行くのです…)。
いつも一点盛りばかりなので、たまには盛り合わせもいいなーと思ったのですが、残念ながら日程のバッティングにて鑑賞能わず。
嗚呼、体が二つあったらなぁ。別腹はあるのになぁ。


10月邦楽公演「邦楽名曲鑑賞会 道行四景」

2015年10月10日(土)
午後2時開演(午後4時50分終演予定)

電話・インターネット予約開始=8月11日(火)10時~
※チケット情報、公演詳細はこちら

H27-10michiyukiyonnkei-omote主な出演者:橋本治(作家)

一中節 宇治紫文(人間国宝)

宮薗節 宮薗千碌(人間国宝)

義太夫節 竹本駒之助(人間国宝)

清元節 清元清寿太夫(人間国宝)

※字幕あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

玉三郎&七之助。女形の魅力をたっぷりと。

J-POPにありがちな、こんな歌詞。 ―抱きしめたら壊れてしまいそう ―触れたら消えてしまいそう 「そんな女、見たことないわ!!」と思っ…

仕事を捨てよ、劇場へ行こう!

みなさま、「逃すまじ公演」の到来です。 以前ここんでもご紹介した日本舞踊家5人のユニット、ゴ・ヨ・ウ・カ・イ、五耀會。 今…

お箏(こと)は再発見できる。

お箏(こと)は、チョット不運な楽器かもしれない。 商店街でも甘味屋でもテレビでも、BGMとして溢れているから、 私たちは既にお箏を知ったつも…

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

12月のピックアップ公演

あれよあれよという間に今年も師走を迎えてしまいましたよ。観劇納め、観劇始めにもオススメの公演を今月もあれやこれやご紹介しまーす。 ――…

6月のピックアップ公演

平成最後の夏は伝統芸能とともに! というわけで、今月のオススメ公演は夏むけのラインナップでお届けします。 また、引き続き皆様からの公演情報…

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイ…

新年を寿ぐ江戸音曲

もうあと数日で年明け。 年末年始を華やいだ気持ちで過ごし、少しずつお正月気分の抜け始めるのは、1月半ばといったところでしょうか。そんな頃にお…

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

ページ上部へ戻る