© ここん All rights reserved.

国宝浄瑠璃ア・ラ・カルト

いらっしゃいませ、ご注文は?

え、おすすめですか?
そうですね、10月の国立劇場(小)でしたら、こちらの「人間国宝浄瑠璃盛り合わせ」がおすすめでございます。
一中節、宮薗節、義太夫節、清元節の4種の浄瑠璃を少しずつお楽しみいただける一皿になっております。

メインの素材はどれも国宝級でして、それぞれ単品でがっつり味わっていただくのが一番ですが、「いろんな味の違いを味わいたいわ」、というお客様にはうってつけの一品でございます。

ではこちらで?
はい、かしこまりました。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

小芝居、失礼いたしました。
でもまぁ、かいつまんで言えば、そういう公演なのです。

「浄瑠璃(じょうるり)」ってご存知でしょうか?
邦楽のジャンルの一つで、三味線の演奏とともに太夫が語る「語り物」音楽の総称なのですが、
物語に節をつけて語る with 三味線、そんな感じのものと思っていただければだいたい合ってます。

で、その浄瑠璃ファミリーの中には義太夫節だとか清元節、常磐津節などなど様々な小ジャンルがありまして、

1.そのうちの義太夫節、清元節、一中節、宮薗節の4種の浄瑠璃の
2.「道行(みちゆき)」と呼ばれるフィナーレ部分を
3.それぞれのジャンルの人間国宝が語る

というなんとも贅沢でおいしいとこどりな内容の公演がこちらなのです。

前菜でも焼き鳥でもチーズでも、自分が好きな単品だけを頼むのもいいけれど、
盛り合わせには自分では頼まない一品が混ざっていたりして、
それが新しい出会いのきっかけになる、なんてことないですか?

この公演も、そんな新しい出会い、驚き、きっかけが一緒に盛り込まれて、あなたのもとに運ばれて来るやもしれません。

お話は『浄瑠璃を読もう』の著者・橋本治さん。
この本の面白さも語りだすと長くなるので割愛しますが、
つまりは、ふだんはない、おトクな限定特別メニューってやつなのですよ。

ああ、でもここまで推しておきながら当のわたくしめは、この日は府中で行われる文楽公演に行くことになっているのです。
こちらは義太夫節一点盛り。それも大盛り。いや特盛フルコース(昼夜通しで行くのです…)。
いつも一点盛りばかりなので、たまには盛り合わせもいいなーと思ったのですが、残念ながら日程のバッティングにて鑑賞能わず。
嗚呼、体が二つあったらなぁ。別腹はあるのになぁ。


10月邦楽公演「邦楽名曲鑑賞会 道行四景」

2015年10月10日(土)
午後2時開演(午後4時50分終演予定)

電話・インターネット予約開始=8月11日(火)10時~
※チケット情報、公演詳細はこちら

H27-10michiyukiyonnkei-omote主な出演者:橋本治(作家)

一中節 宇治紫文(人間国宝)

宮薗節 宮薗千碌(人間国宝)

義太夫節 竹本駒之助(人間国宝)

清元節 清元清寿太夫(人間国宝)

※字幕あり

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

イケメンのみならず。

ド直球なお願いで恐縮ですが、下記長いんですけど、ぜひ読んでください! 市川海老蔵さん、市川猿之助さん、坂本龍一さんなど、著名人との交流も深…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

「素」の魅力、ぎゅぎゅっと。

絵画の世界にデッサンというものがあります。 着色はなく、線だけで対象の骨格を、輪郭を、陰影を写しとっていくデッサンは、 絵を描くときの基盤で…

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

あまり教えたくない、掘り出し公演

本当は秘密にしておきたい公演です。この特別な場所は、なんとなく静かで密やかであってほしい。客席だって、ぎゅうぎゅうに埋まっているより、ゆった…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

新年を寿ぐ江戸音曲

もうあと数日で年明け。 年末年始を華やいだ気持ちで過ごし、少しずつお正月気分の抜け始めるのは、1月半ばといったところでしょうか。そんな頃にお…

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか? 蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。 能から派生して、今やいろんな場面で見られるようです…

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

ページ上部へ戻る