© ここん All rights reserved.

仕事を捨てよ、劇場へ行こう!

 

みなさま、「逃すまじ公演」の到来です。

以前ここんでもご紹介した日本舞踊家5人のユニット、ゴ・ヨ・ウ・カ・イ、五耀會。
今のところ、私の周囲では百発百中で誰もが落ちる、奇跡の落とし穴☆
確かな技術と安定感、華があって、おちゃめで、情感豊かで、とにかく美しい。
5人それぞれのキャラクターも魅力的で、気が付けば、みんなトリ子さんに。

その五耀會が、久々の自主公演なのですが・・・
日時: 7月6日(月)午後1時 @ 日本橋の三越劇場 → ええ、フツーの月曜日の日中です。
料金: A席7,000円、B席5,000円 → ええ、即決価格ではありません。
わかります、わかりますともっ!

が、しかし、なんです。
今回「逃すまじっ!」なのは、五耀會はもちろんのこと、
舞踊の音楽を担当する演奏者(「地方」(じかた)といいます)の顔ぶれがスゴイんです!
長唄(というジャンル)の唄に、杵屋勝四郎。→ 美声!
三味線に、杵屋栄八郎。→ 業師!
囃子に、藤舎呂英。→ イケメン!
清元(というジャンル)に、清元美寿太夫・清元美治郎コンビ。→ しびれる!

この公演、かなり ilovejkt3 (JiKaTa)。

 

元NHKアナウンサー・葛西聖司さんの巧みで初心者フレンドリーな司会も入るよう。
三越劇場という大きすぎないハコもいい。ちゃんと見える。ちゃんと聞こえる。
日本舞踊だけじゃなく、日本の音楽そのものの魅力も、ストレートに伝わってくる公演かと思います。

これだけそろっていれば、チケット代は納得価格。
月曜日だけど、ここはイッチョ、仕事をひと休みして、
三越マダムにも怯まず、日本橋三越6階へ行こう!

 

◆第7回 五耀會三越劇場公演 http://www.goyokai.com/play/

6月1日からチケット発売開始です!


ちなみに、この記事を読んで「行こうかな~」と思われた方。
ぜひ「お問い合わせ」から、またはFacebookでお知らせください!
何人ぐらいに届くのか、チョット知りたい。(怖いけど・・・)
あと、みんなでまとまれば、なんかいいことがあるかも?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

7月のピックアップ公演

首都圏では早々に梅雨があけてしまい、今年は長~い暑~い夏になりそうですね。 伝統芸能公演が少なくなる夏場ですが、今月の公演情報は日本舞踊が充…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

11月のピックアップ公演

寒くなってきましたね。今月のピックアップは、年末年始にかかるものもちらほら。忘年会、新年会の予定が入る前に観劇のためのスケジュールはブロック…

It’s magical! @明治神宮

毎年11月3日文化の日は、東京・明治神宮の例大祭。 神宮北側の広大な緑地で、普段目にすることの少ない芸能・武芸が奉納される。 数年前、ふらっ…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

とりあえずこの人たちは、本当に見といたほうがいい。

日本舞踊界のサラブレッド5人が結成する五耀會(ごようかい)。 いずれも実力ピカイチ☆の5人が、メンバーのお稽古場所で、 毎月「日本舞踊への誘…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、 大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じ…

間に合ううちに

あの名人の芸に間に合いたかったな、という人は枚挙に暇がありません。 ギリギリ間に合った人でも、脂の乗り切った最盛期には間に合わなかったな、と…

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

こりゃ、爽快にちがいない!! ~なりきり、土蜘蛛~

能の「土蜘蛛」って演目、ご存知ですか? 蜘蛛の精が、蜘蛛の糸をびゃ~っと投げるやつです。 能から派生して、今やいろんな場面で見られるようです…

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

ページ上部へ戻る