© ここん All rights reserved.

仕事を捨てよ、劇場へ行こう!

 

みなさま、「逃すまじ公演」の到来です。

以前ここんでもご紹介した日本舞踊家5人のユニット、ゴ・ヨ・ウ・カ・イ、五耀會。
今のところ、私の周囲では百発百中で誰もが落ちる、奇跡の落とし穴☆
確かな技術と安定感、華があって、おちゃめで、情感豊かで、とにかく美しい。
5人それぞれのキャラクターも魅力的で、気が付けば、みんなトリ子さんに。

その五耀會が、久々の自主公演なのですが・・・
日時: 7月6日(月)午後1時 @ 日本橋の三越劇場 → ええ、フツーの月曜日の日中です。
料金: A席7,000円、B席5,000円 → ええ、即決価格ではありません。
わかります、わかりますともっ!

が、しかし、なんです。
今回「逃すまじっ!」なのは、五耀會はもちろんのこと、
舞踊の音楽を担当する演奏者(「地方」(じかた)といいます)の顔ぶれがスゴイんです!
長唄(というジャンル)の唄に、杵屋勝四郎。→ 美声!
三味線に、杵屋栄八郎。→ 業師!
囃子に、藤舎呂英。→ イケメン!
清元(というジャンル)に、清元美寿太夫・清元美治郎コンビ。→ しびれる!

この公演、かなり ilovejkt3 (JiKaTa)。

 

元NHKアナウンサー・葛西聖司さんの巧みで初心者フレンドリーな司会も入るよう。
三越劇場という大きすぎないハコもいい。ちゃんと見える。ちゃんと聞こえる。
日本舞踊だけじゃなく、日本の音楽そのものの魅力も、ストレートに伝わってくる公演かと思います。

これだけそろっていれば、チケット代は納得価格。
月曜日だけど、ここはイッチョ、仕事をひと休みして、
三越マダムにも怯まず、日本橋三越6階へ行こう!

 

◆第7回 五耀會三越劇場公演 http://www.goyokai.com/play/

6月1日からチケット発売開始です!


ちなみに、この記事を読んで「行こうかな~」と思われた方。
ぜひ「お問い合わせ」から、またはFacebookでお知らせください!
何人ぐらいに届くのか、チョット知りたい。(怖いけど・・・)
あと、みんなでまとまれば、なんかいいことがあるかも?

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

初詣と初芝居を浅草で

新年あけましておめでとうございます。 本年も伝統芸能情報サイト「ここん」をどうぞごひいきに。 さぁ、2016年最初の「ビビッときた公演情報…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

花の盛りの芸を見る

桜の開花の待ち遠しい今日この頃。小さな芽が出て少しずつ成長し、やがて勢いよく花開き、見る人の心を掴む。そうした花の姿に例えて、役者や芸のこと…

とりあえずこの人たちは、本当に見といたほうがいい。

日本舞踊界のサラブレッド5人が結成する五耀會(ごようかい)。 いずれも実力ピカイチ☆の5人が、メンバーのお稽古場所で、 毎月「日本舞踊への誘…

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

12月のピックアップ公演

あれよあれよという間に今年も師走を迎えてしまいましたよ。観劇納め、観劇始めにもオススメの公演を今月もあれやこれやご紹介しまーす。 ――…

ドラマチック、能!

能や狂言では、いたってシンプルな状況設定や登場人物でとても劇的な物語が描かれています。 物語が作られた中世でも現代に至ってでも同じく、現実離…

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

シルバーウィーク最終日 、日本を代表する日本舞踊家が国立劇場に集結!

九月病を吹き飛ばせ〜!とばかりに、シルバーウィークの最終日 には『推薦名流舞踊大会』をオススメいたします! 今年で第51回の開催となるこの大…

目付柱が消えたらアナタも一人前。心眼を研ぎ澄ませ!【国立能楽堂中正面特集】

「能はよくわからない」と嘆くあなたへ。 わからなくても定期的に公演に足を運んでいれば、自分なりの面白さがきっと見つかるはず。 回数を重ねるの…

6月のピックアップ公演

平成最後の夏は伝統芸能とともに! というわけで、今月のオススメ公演は夏むけのラインナップでお届けします。 また、引き続き皆様からの公演情報…

漏れます漏れます。

国立劇場で、毎年4月に「明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会」という何とも初心者を寄せつけないタイトルの公演があります。でもね、この業界にあり…

決戦前夜

ご紹介しようかどうしようか、ギリギリまで迷った公演。 第九回 日経能楽鑑賞会「 融 ( とおる ) 」 。 同じ番組を2日間異なる演者で上演…

6月のピックアップ公演

毎月1回、近々行われる公演やチケット発売の公演の中から、ここんセレクトをご紹介。今月のあなたの伝芸HPチャージにお役立ていただければ幸甚です…

Who is 太郎冠者?

「太郎冠者(たろうかじゃ)」という言葉を初めて目にしたのは小学生のとき。 国語の教科書に載っていた「附子(ぶす)」でだった。 「あおげ あお…

ページ上部へ戻る