© ここん All rights reserved.

篠笛その6 「間」の洗礼

全8回の篠笛のお稽古体験は、先生のご提案で、最終回に一人1曲ずつ自分で選んだ曲を披露することになった。いかんせん音が出ない私は、こんな図々しい策に出た。
1.とりあえず小曲を一つ仕上げ、一応の達成感を味わいたい!
2.その上で、憧れの長唄「娘道成寺」にもチャレンジしてみたい!(先生の三味線と一緒に演奏してみたい・・・グフフ。)
欲張りも甚だしいが、先生は笑顔でお許しくださった。

ということで、自宅に戻りまずは小曲「京の大仏」にとりかかる。短いし高い音がほとんどないので、指遣いを覚えてしまえば、これはいけるかも!と意気揚々と取り組み始めたのだが、はて、1行吹いた後のカウントがなんだがうまくいかない。次の行にはいつ移るんだ? (1・2・3・4、1・2・3・4…)と胸の奥で数えながら吹き進めるが、1フレーズ終わって次に移るタイミングがどうしても字足らずに感じてしまう。
譜面をよ~く見ると、1フレーズの長さバラッバラ…。

P1040110

いやいやいやいや。

ふつう、1フレーズが同じ長さで進むじゃないですか。ほら、この「さくら」のように。

P1040108
♪ さ~く~ら~(ウン)
♪ さ~く~ら~(ウン)
♪ や~よ~い~の~
♪ そ~らぁわ~(ウン)
の、このリズムですよ。
「京の大仏」はこれが全くバラバラ。4拍分足りないところもある。だから、(ウン)の長さ(つまり次のフレーズへ行く間)が、なんかしっくりこない。先生のお手本を聴いていると、全く違和感なく次のフレーズへ移行しているんだけどなぁ…。

録音した先生のお手本を何度も聴き込んで、合点した。
“カウント”が最大のミス。
この曲は“間”で成り立っている。その間は、カウント進行の中では掴めない。曲の進行は“調べ”によって流れるのだ。つまり情緒や調子のこと。大切なのは、曲の“調子”を掴むことなんだろう。そうすると、調べをつなぐ“間”は、数えなくても自然に生まれるんだと合点した。
譜面とにらめっこし、ここは四分音符、ここは八分音符と注意しながら、(1・2・3・4)と進めていた私は、だからこの曲が掴めなかったんだ。生真面目にやる必要はなかった。いや、まじめにする必要はあるんだけど、もっと全体をふわっと掴む感じでよかったんだと気づき、肩の力が抜けた。

日本文化における“間”なんて耳タコワードだが、まさか、わらべ歌「京の大仏」でその洗礼を浴びるとは予想外だった。
“間”と“調べ”は二つで一つ、表裏一体なのかもしれない。そういえば、俳句の先生も「俳句は意味ではなく調べ」と言っていた。

そんなこんなで、小曲は得てして大曲であった…。
「娘道成寺」、こりゃ無理かな……(笑)

(ここん管理人K)

前回の私の記事で、篠笛奏者の独特の雰囲気について触れたが、その要因は笛の音色だけではないかもしれないと思うに至った。
寛先生曰く、篠笛は唄と同じで旋律を担当するので、自由裁量の部分も結構あるらしい。
三味線や囃子(打ち物)はチームワークが基本なので、予め決められたことを掛け合うのが常。一方で篠笛は、基本一人で演奏するので、その時の出演者陣や会場の雰囲気等々で即興的な演奏や三味線との掛け合いをすることもあるとか! その自立性が篠笛奏者の独特の個性(=調べ)を生み出してるのかなぁ…なんて。
それにしても、何度も篠笛の演奏を聴いてきたが、まさか、そんなジャズっぽいことが行われていたなんて知らなんだ。邦楽って、知れば知るほど、ホントに面白いと思う。俄然その愉しみが解るようになりたくなった!! (三味線も、「玉の手」と言って自由なソロ演奏部分が組み込まれている古典曲もあるんだって~!)

 

<<篠笛その5 和のお稽古をする、ということ
>>篠笛その7 邦楽は「間」が命。 音で「間」を創り出す

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

長唄三味線その8 ド と レ の間に、音は無数にある。☆特典音源あり

Text by ここんK 10代の頃、ピアノを習っていたときの疑問: あれだけ多くの鍵盤があって多くの音程を奏でられるけど、でも、例えば…

長唄三味線【最終回】 宴、それは素人の舞台(ステージ)

Text by ここんM かねてより、三味線が弾けるようになったらお座敷で宴会をしながら三味線を弾いたり唄ったり、ちょっと粋がった遊びをし…

能楽 その9 そして迎えたおさらい会

2014年3月某日。 とうとうおさらい会の日がやってきました。 すでに9ヶ月も前のことです…。ご報告が遅くなってスミマセン。 消費税増税直前…

長唄三味線その2 大和なカラダで、いいのね。

Text byここんK そもそも、「長唄(ながうた)」って何?ですよねー。 答え:聴く人をノリノリにさせるPopでRockな Musicで…

長唄三味線その13 半年ののち、たどり着いた世界

Text by ここんK 1月から半年間・19回を重ねてきたお稽古も、ついに最後。 さびしいです…。 思い起こせば、開始前は「三味線は…

長唄その2 「楽しい」因、同時に「難所」は抑揚だったか!

邦楽初心者。長唄には歌舞伎や踊りの舞台でしか触れた事のない私が、お稽古に参加できるの!? 先生はどんな方?果たして私が唄えるようになるのかし…

篠笛その7 邦楽は「間」が命。 音で「間」を創り出す

前回に続き、ふたたび話題は「間」の問題。 以前、歌舞伎をテーマにした講座に出たときのこと。そこで聞いて印象に残っている話がある。曰く「和の…

長唄その6 めざせ日本人

蒸し暑~い夏の夜、威勢のいい「供奴」の音源を聞きながら、6回目のおけいこへとやってまいりました。迎えてくださった政子先生の浴衣姿が何とも涼し…

日本舞踊その4 梅は咲いたか

Text by ここんM 「今日はちょっと違う曲をやりましょうか」 4回目となるこの日、いつも通り40分ほどじっくり時間をかけて基本練習…

長唄その10 あっという間のリハーサル

(※もう冬ですが、夏の終わりの記憶を振り返っております) 今年の夏は暑かった! 東京では観測史上最も長く猛暑日が続くなど、記録的な暑さだった…

長唄スピンオフ: ゲッツ!YU・KA・TAツアー

精いっぱい唄ったあとは喉が渇きます。おけいこ終了後は当然のごとく、足はまっすぐ駅には向かいません。何はともあれビールで喉を潤す、というのがわ…

能楽その4 自意識との戦い

お稽古もなんだかんだで4回目。謡、仕舞いともひと通りの流れが頭に入り、これでやっとスタート地点に立てたかな、という感じです。…

日本舞踊その3 できないながらも楽しい稽古

Text by むーちょ 伝統芸能は落語一辺倒。習い事は中学のときの珠算教室が確か最後。 40を過ぎて、身体をちゃんと使ってみたいと思って…

長唄その5 口遊(ずさ)むは長唄 ~いつでも前向き~

さて!お稽古5回目。気づけばもう後半に突入。今日も和の響きに触れられる嬉しさ。 でも、呑気にウキウキしているだけではダメダメ。 わたしたちに…

長唄その11 ゆかた会、万歳!

みなさんは、ゆかた会(浴衣会)という存在を知ってますか? 伝統芸能の世界では、浴衣を着る夏の時期に、「ゆかた会」と称した素人の発表会がよ…

ページ上部へ戻る