© ここん All rights reserved.

決戦前夜

ご紹介しようかどうしようか、ギリギリまで迷った公演。
第九回 日経能楽鑑賞会「 融 ( とおる ) 」 。
同じ番組を2日間異なる演者で上演するこの公演、
1日目は野村萬(狂言)&友枝昭世(能)、
2日目は野村万作(狂言)&浅見真州(能)。
お囃子もワキ方も実力者揃い。

一期一会の舞台で、それぞれどんな化学変化が起こるのか。
同じ演目だけに、その違いが際立って楽しめるのではないでしょうか。

これはぜひとも両日通しで見たい。

チケット発売は明日3月21日午前10時。
熾烈なチケット争いが繰り広げられるのは必至です。おそらく瞬殺でしょう。
これ以上ライバルを増やしたくない気持ちはやまやまなれど、
それでも紹介せずにはいられません。
明日は我々も本気でチケット争奪戦に参戦いたします!


第九回 日経能楽鑑賞会「 とおる

2015年6月4日(木) 午後6時30分開演
2015年6月5日(金) 午後6時30分開演
国立能楽堂

2007年(平成19年)より、現代の能楽界を代表する「狂言」の野村萬師、
野村万作師ならびに「能」の友枝昭世師、浅見真州師を招いて開催している「日経能楽鑑賞会」の第9回公演は、能「融」と狂言「清水座頭」です。
「融」は、「源氏物語」の主人公、光源氏のモデルのひとりと言われている平安時代の左大臣、源融(みなもとのとおる)と、贅(ぜい)を尽くした六条河原院 の自邸にまつわる言い伝えをもとに世阿弥が作った名曲。中秋の名月が輝く夜、融の亡霊が舞うさまに、能の風雅をご堪能いただけることでしょう。
「清水座頭」は、盲目の瞽女(ごぜ=女性旅芸人)と盲目の座頭の、清水の観世音での出会いを描いた心温まる狂言の名作です。

公演詳細はこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

浮世を忘れる上方舞の夕べ

日本の伝統芸能の中には、お座敷文化とともに発展してきたものがいくつもあり、 大きな劇場ではなく、お座敷で鑑賞するとまったく味わいが違って感じ…

8月のピックアップ公演

暑中お見舞い申し上げます。もう1週間もすれば立秋。いよいよ芸術の秋ですね。ということで、今月もここん的おすすめ公演をご紹介。今回は落語が充実…

残席、僅少ですが…。

江戸城という閉ざされた世界を舞台に繰り広げられたドラマの数々を、 演目を通して垣間見るという趣向のこの公演。 キレッキレの渡辺保氏のお話に始…

太棹三味線の音色が沁みる夜

秋も深まる10月下旬、東京・三軒茶屋の劇場に足を運ぶと、この日ばかりは現代美術作家 杉本博司さんが主の茶室のゲストとして観客はもてなされます…

とりあえずこの人たちは、本当に見といたほうがいい。

日本舞踊界のサラブレッド5人が結成する五耀會(ごようかい)。 いずれも実力ピカイチ☆の5人が、メンバーのお稽古場所で、 毎月「日本舞踊への誘…

恋情・哀愁・春夏秋冬 艶やかな座敷舞の魅力

座敷舞って観たことありますか?上方舞・地唄舞とも言われています。 江戸時代後期に生まれ、能の動きを基本に歌舞伎や浄瑠璃の要素を取り入れた、情…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

ワキ方大活躍!

まんまなタイトルですみません。というか、オススメしたい公演名が「ワキ方が活躍する能」なんです。 そしてこれからここに書くのは、以前の私がと…

新年を寿ぐ江戸音曲

もうあと数日で年明け。 年末年始を華やいだ気持ちで過ごし、少しずつお正月気分の抜け始めるのは、1月半ばといったところでしょうか。そんな頃にお…

都会の真ん中で体験する、めくるめく聲明ワールド。

下着メーカーの老舗、ワコールが運営している表参道のアートセンター「スパイラル」。 ここでは美術展やパフォーマンスなど様々なアートプログラム…

9月のピックアップ公演

9月、実りの秋の到来です。今月のピックアップ公演はちょっと豊作とはいいがたく少なめなのですが、芸術の秋を堪能しましょうぞ。 ――<舞踊>―…

能×現代音楽×ファッション=アート

能楽アーティスト 青木涼子さんをご存知でしょうか。 世界を舞台に活躍中で、東京芸術大学で能楽(シテ方)を学ばれたアーティストです。 彼女…

10月のピックアップ公演

10月ですね。引き続き食欲の秋、芸術の秋を堪能しましょう。 ――<歌舞伎>―――――――――― ★歌舞伎の魅力って、やっぱり役者さんの魅…

8月のピックアップ公演

8月。舞台公演も夏休みといった感じですが、秋のシーズンに向けて、いくつかご紹介します。そして、舞台がお休みならストリートへ行こう!芸能を核と…

匂い立つ谷崎潤一郎の音色

小説家、谷崎潤一郎。 誰もが一度は聞いたことのある「春琴抄」「細雪」といった不朽の名作を生んだ文豪です。 彼の作品は今も読み継がれるのみな…

ページ上部へ戻る