© ここん All rights reserved.

決戦前夜

ご紹介しようかどうしようか、ギリギリまで迷った公演。
第九回 日経能楽鑑賞会「 融 ( とおる ) 」 。
同じ番組を2日間異なる演者で上演するこの公演、
1日目は野村萬(狂言)&友枝昭世(能)、
2日目は野村万作(狂言)&浅見真州(能)。
お囃子もワキ方も実力者揃い。

一期一会の舞台で、それぞれどんな化学変化が起こるのか。
同じ演目だけに、その違いが際立って楽しめるのではないでしょうか。

これはぜひとも両日通しで見たい。

チケット発売は明日3月21日午前10時。
熾烈なチケット争いが繰り広げられるのは必至です。おそらく瞬殺でしょう。
これ以上ライバルを増やしたくない気持ちはやまやまなれど、
それでも紹介せずにはいられません。
明日は我々も本気でチケット争奪戦に参戦いたします!


第九回 日経能楽鑑賞会「 とおる

2015年6月4日(木) 午後6時30分開演
2015年6月5日(金) 午後6時30分開演
国立能楽堂

2007年(平成19年)より、現代の能楽界を代表する「狂言」の野村萬師、
野村万作師ならびに「能」の友枝昭世師、浅見真州師を招いて開催している「日経能楽鑑賞会」の第9回公演は、能「融」と狂言「清水座頭」です。
「融」は、「源氏物語」の主人公、光源氏のモデルのひとりと言われている平安時代の左大臣、源融(みなもとのとおる)と、贅(ぜい)を尽くした六条河原院 の自邸にまつわる言い伝えをもとに世阿弥が作った名曲。中秋の名月が輝く夜、融の亡霊が舞うさまに、能の風雅をご堪能いただけることでしょう。
「清水座頭」は、盲目の瞽女(ごぜ=女性旅芸人)と盲目の座頭の、清水の観世音での出会いを描いた心温まる狂言の名作です。

公演詳細はこちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

お能の流儀、違いを楽しむ。

能のシテ方五流。同じ演目、違う流儀で観てみたら…なんて想像することはありませんか? 正直言うと、個人的にはとっても曖昧な流儀…

舞台の上にも春がやってきた!

どこからともなく梅の香りが漂ってきて、 新しい季節の訪れを感じさせる今日この頃。 桜の開花予想まで発表されて、気分はもうすっかり春です。 …

漏れます漏れます。

国立劇場で、毎年4月に「明日をになう新進の舞踊・邦楽鑑賞会」という何とも初心者を寄せつけないタイトルの公演があります。でもね、この業界にあり…

2月のピックアップ公演

今年の冬はひときわ寒さが厳しいような…。早く暖かくなーれ。ということで、早春の季節の公演ラインナップです。 ――<文楽>―――――――…

浅草の初夏の風景を三味線で。

邦楽の公演はおそらく、最も足を運ぶきっかけがつかみにくいものの1つだと思います。 そんな中、企画、出演者とも「面白そう!」と思わせてくれるの…

日本舞踊、面白いのに見たことないの?ちょっと今度一緒に観にいこうよ!

伝統芸能の面白さに目覚めると、いろんな舞台に足を運びたくなりますが、そんな時ふと欲しくなるのが一緒に観にいって「良かったね!」「今日はイマイ…

圧倒的な声の力~浪曲破天荒列伝!

話芸が好きだ。そも、人の声が好きだ。 役者の声も、ミュージシャンの声も、クラシックな声楽も、長唄も、小唄も、謡も、落語も、人の声とはなんと自…

大正ロマンな空間で、しっとり三味線な昼下がり

こちらの公演は終了しました。 しっとり、音楽に心を寄せるひととき。 そんな時間を過ごしたのは、何年前ですか・・・? そもそも、ライトでクー…

秋がきた!江戸の暦をお題に一席

栗ご飯の美味しい季節ですね。 栗に秋刀魚にきのこに新米。ともすればどんな食材もスーパーで年中手に入る時代ではあるけれど、だからこそ季節を感じ…

5月のピックアップ公演

お久しぶりの更新です。年度末の忙しさから「ちょっとひと休み…」のつもりが、うっかり5月になってしまいました…。 予告もなく更新をサボッお休…

夏の夜にヒヤッと体験。とびきり怖い怪談と妖怪展はいかが?

古今東西、日本各地で私たちが共存してきた、滅多に見ることはできないけれど、常にそこにいる異界の存在「妖怪」。何か不可解なことや不運なことがあ…

7月のピックアップ公演

2017年もいよいよ下半期に突入です。が、焦らず慌てず、今月も伝統芸能の世界へいざ。7月から8月にかけて行われる公演やチケット発売になる公演…

暗闇で聴覚を研ぎ澄まそう

こちらの公演は終了しました。 本当の闇が失われて久しい21世紀のお江戸。 街はいつでも明るく、私達の目は常に何かを捉え、脳はその処理に追わ…

人類の求めるかぎり、唸れ。たっぷり!

「唸り」。その貴き存在。 発し手の身体の奥深くから湧き上がる魂の揺さぶりが、 声に乗り移り、空気を揺らし、 聴き手の魂を共振させる。 「唸り…

市井の名人、登場!

今藤美佐緒さん。 京都の花街で生まれ育ち、昭和35年から30年間、宮川町の芸妓として務めた方です。 13歳のときから長唄今藤流の家元(三世今…

ページ上部へ戻る